便秘の原因と酸化マグネシウムと副作用

便秘の原因

①大腸で水分を吸収しすぎてしまい便が固くなる。

便秘1

必要なのは水分です。

この便秘には酸化マグネシウムが
効果的であるといわれています。

酸化マグネシウムは体内に吸収されずないので
水分と一緒に体内に残ります。

大腸に水分を吸過剰に収されずにすむため
自然な排便となります。

お腹が痛くなることがありません。

 ②ストレスなどで腸の出口が狭くなり便が出ない。

ウサギの糞のような小さくてかたい便になります。
また、お腹が張り痛みも感じます。

便秘2

水分量を増やすことで便が腸を
通ることが可能になるため
やはり酸化マグネシウムが効果的です。

酸化マグネシウムは1日4g(10錠)程度の
摂取であれば毎日服用しても
副作用はないといわれています。

③大腸が便意を感じない。

便を我慢する生活習慣により
便意が感じられなくなります。

便秘3

薬に頼るのではなく、まずは少しでも
便意を感じたらトイレに籠るという習慣をつけ、
大腸の機能を回復させましょう。

④食物繊維不足。

便秘4

野菜を食べましょう。

⑤病気のため。

便秘5

治療が必要ですので
医者に行きましょう。

便秘の原因のほとんどが①or②であり
腸内の水分量の調節によって解消できます。

酸化マグネシウム、試してみてはいかがでしょうか?