ミラーリングのタイミング

―――――
ミラーリング

信頼し合っている者、安心し合っている者同士は、その行動は無意識に同化する。
―――――

ミラーリングとは、心理学上の姿勢反響現象です。

信頼感・安心感がある→同じような行動をとる同じような行動をとる→信頼・安心を得ることができるという心理作用を利用したテクニックが、ミラーリングです。

相手が手をあげたら自分も手をあげ、相手が足を組んだら自分も足を組むのです。

 

―――――
重要なのは、ミラーリングを「いつ使うか?」ということ
―――――

これを間違うと気持ち悪がられてしまいます。

さりげなく使わないといけないのですがさりげなくといわれても抽象的でなかなか難しいのではないでしょうか?

自分なりにさりげなくミラーリングしても違和感を持たれてしまいます。

そして、一度違和感を持たれてしまうと、改めて信頼・安心を築くのは難しくなります。

相手に気づかれない必要があるのです。

ここで、相手に気づかれないときとはいつなのでしょうか?

それは、相手の顕在意識が内側にある状態のときであり、潜在意識が外側にあるときになります。

たとえば、あなたが商品について説明しているとき、 相手はあなたの話を聞き、商品を見ています。

そのとき、相手の顕在意識は商品、つまり外側にあります。

自分以外の外部の何かに意識が向いている状態です。

このときに、いくらさりげなくミラーリングしても相手は違和感に気づきます。

逆に相手に、「好きなものは何ですか?」「お昼に何を食べましたか」などの質問をすると相手は考えます。

この場合相手の顕在意識は内側に行きます。

う~ん・・・って考えている数秒、周りの景色が見えているようで見えていない状態なのです。

この瞬間、相手の潜在意識が外側に出ています。

そしてこの瞬間がミラーリングのタイミングになります。

相手があごに手を当てたら、あごに手を当ててください。

多少わざとらしくても気づかれません。

 

ミラーリングは相手の潜在意識に働きかけなければなりません。

潜在意識を相手の外側に出す働きかけが、このテクニックを強力なものにするのです。