読心術① 目線の動き

人の心が読めればどんなに素晴らしいことでしょうか。

コミュニケーションが楽になりますよね。

営業をする上で、相手が何を考えているかが即座に分かれば、的外れな提案をしなくてすみます。

さて、読心術の一つに、目線から思考を読むテクニックがあります。

人の目の神経は脳の思考領域とダイレクトにつながっており、様々なシグナルを発信しています。

 

目線が上 ↑ 見えるものについて考えている。

目線が下 ↓ 感情や感覚について考えている。

目線が左 ← 想像上のこと、未来のことについて考えている。

目線が右 → 過去のことについて考えている。

 

これだけです。

応用も簡単で、目線が左上なら未来や想像上の見えるものについて考えているのです。

人の目に注意するようになると驚くほどはっきりとこの動きが分かります。

さらに、目線の動きと発する言葉に矛盾があれば、ウソを付いていることを見破ることもできるのです。

目は口ほどにものを言うのです。